スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年下半期ニコマス20選

あけましておめでとうございます。20選も4回目ですね。今回も参加してみようかと。
(とか挨拶しようとしたら3が日すぎちゃったよ。遅すぎた。
心のままに書いたら擬音だらけで長嶋茂雄風にしかならない感想を日本語化するのはムズカシイ…)

ではレギュレーションのコピペを。
―――――――――――ここから――――――――――――――
基本レギュレーション
・対象は2009年下半期(7月1日~12月31日)に公開されたニコマス作品
・自身のセレクトを20作品以内でブログ及びマイリストにて公開
・1Pにつき1作品
―――――――――――ここまで――――――――――――――

P名と一言二言の簡易まとめはマイリスにて。集計でお使いください。


なお、以降の感想は個人的な感想であり他人の感想を否定したり自分の主張を強要するものではありません。
と保険をかけたところで格納

aramaxP

好きすぎて何を書いていいかわからない。何を書いても本当に言いたいことではない気がして難しい。
動画を見た後気持ちがほんわかとなる。本当に暖かい動画。
オールタイムベスト10を選べと言われても確実に入るくらい好きな動画。
やよいを見る目が父親視点になっちゃうのはまあちかたないか。


オンセンロボP

上半期20選で選んだ1話を越えるクオリティ。笑えない話をここまで笑いに変えるとは思ってもみなかった。
アイドルには似つかわしくない舞台にアイドルを自然に溶け込ませることで生まれるカオスと爆笑の渦。
間の取り方やツッコミ不在の世界観は視聴者に突っ込ませるスタイルが良い。
面白かった所を書くと面白さが半減するために書けないのが歯がゆい。


森江春策P オヤジオナP

どう考えても合わないだろという物とアイドル達を合わせることは力技以外の何物でもないが
有無を言わさぬパワーと笑いを感じられる傑作。
こまけぇことはいいんだよと言いながらも小ネタが効いてて何回も見れる。
それでいてgdgdなのもテレビ的で良い。


JAYP

ダンスと衣装の使い方がとてもうまい。ダンスを細かく分けて要所要所でビシィッと決まるのが
最高にかっこいい。そしてライダーと言えば変身。その変身を衣装によってうまく演出してるのが
いい。特に伊織と真の変身が唸ってしまうくらい良い。あずささんは……ジャックフォームだからなぁ…。
配役などの小ネタも面白いです。


猫太郎P

まこと日記は毎日見てますが、その中でも特に好きな作品。大きな一つの物語のなかに4つの4コマが
入っている形式だと思うんですが(勘違いかも)、その4つの4コマがそれぞれ起承転結になっていて
オチまでよどみなく流れて素晴らしいです。はじまりとおわりがBGMの『近道したい』にぴったりな
ほのぼのしたもので好きです。さらに猫太郎Pのあずささんおめでとうの言葉がグッと来ます。


爺さんP

ネタは下品でひどいものですが、アイドルマスターというゲームとDLCに対する感謝と熱い思いが
伝わって来て謎の感動が待っている作品。わかっててもテントで吹く。
何回も見ると小ネタを新たに発見して面白いなぁ。中毒性高し。井上順さんはええ声だ…。


なおりんP

なおりんPの『燃えよ双星 -とかちの天下創世-』は毎回楽しみにしてる架空戦記の一つですが、
なかなか来ないな~と思ってたときにコレが来てすげぇ!と驚いたとともに大笑いしました。
このOPもですが、本編でも小道具がしっかりしてるから笑い所で安定して笑えます。
投稿者コメントも何気に好きです。…新衣装かわええ!(溜まってた本編視聴中)
ガチプレイを亜美真美の世界観に変換するのがうまいなぁ。
(その後なおりんPの上げたケーキ動画まで視聴しましたとさ。)


のぽぽんP

タキシードで踊るアイドル達を見るのは楽しい。魅せ方によってアイマスダンスはこんなにも
かっこよくなるんだよ!な作品。2:19からの足のステップのアップがたまらなく好きです。
タップダンスみたいな足を使ったダンスが好きなんだよーーー!
と個人的ツボに入った作品で他に言う事がない。むぅ。


takoP

これもツボ作品。影とライトと書き割りが、物語っぽさをうまく演出していて凄い好みです。
0:54からの夜の場面はゆったり動いていた(あるいは止まっていた)アイドル達がのびのびと
動くのがグッと来る演出でよかったです。ライトと降り注ぐ星とサビの盛り上がりが踊る
アイドル達を盛り上げる脇役となっていてとても幻想的に演出してると思います。


mwzP

自分の一部を切り取って見ているようでぐぬぬとなる。なんでやよいなのかなー。なんとなくわかるけど。
ストップモーションがぬるぬるで動画すごいし楽しいなぁとは思うのですが、
それ以前に恥ずかしくなっちゃう困った動画。でも凄い心動かされたので選びます。


P名なし(e4syoji さん)

単体で笑いがとれる最高級ネタをこのように料理されたら選ばざるを得ない。
とりあえず動画を見れとしか言いようがないが、環境音がとても好きだ。
音系の感想って難しい。


ドリ音P

ボーカロイドで歌を歌わせる動画はどうしても違和感が気になってしまって
集中して見ることが出来ないんですが(違和感を逆に利用してる動画は好き)、
これはもう何というか本人が歌ってると言っても分からないくらい違和感がないですね。
クセとか残しながら調整してるのが本当にすごい。


赤ペンP

ゲーム本編では描かれないその後の話やアイドル間の関係を、
想像の余地を残したまま描いた作品は結構好きである。
がっつり描いてその作者が思い描くストーリーをパラレルワールドとして見るのも
好きなのですが、パラレルワールドの入り口のタンスをちょっとあけて覗き見して、
それから自分なりに色々と世界を頭の中に描いて楽しむのも好きなモノです。
この動画は新聞等の小道具が細かく作ってたり、表情のチョイスとかうまかったりして
色々と想像させられるから好きです。


ななかP

背景の色使いが私の好みである上にやよいよりも前に出過ぎずに柔らかい演出なのがイイです。
柔らかい歌と演出に囲まれたやよいはかわいいなぁと。さらにウインクなんてされた日にゃ
ズキュゥウウンと来ないことがあるだろうか(反語)。
上の『アイドルマスター「シリコンボーイ」MOONRIDERS』の部分がはみでそうになる作品。


とりあえずビールP

動画でありながら漫画であるけれどやっぱり動画なビールPの動画は
コマ割りとか吹き出しを出すタイミングやら間の取り方とかBGMの合わせ方とか
ネタのチョイスとかツボ突きまくりで全部好きです。
今回は美希とPの掛け合いの畳み込みがすごく面白くてよかったです。
あと○ェットジャガーネタは合わせてるネタとあいまってとても好きです。
それにしてもビールPの描くやよいおりはいいなぁ。


096%P 夜雀P

最初はワイヤーフレームの背景とチビキャラと美希のUpがかわいくて
イイ作品だなーと思って見ていたのですが、タメ部分からの後半の羽ばたきに
一気に引き込まれました。背景が黒一色とワイヤーなのもシンプルで好みです。


タケミツP

マイリスにも書いたけどもう一回書く。可愛い楽しい素晴らしい!
イイ曲だなぁ~コレ。曲に負けないくらいパワーのある動画で本当に素晴らしい。
やよいも真もあずささんもみんな違った方向でかわいいなあ。
それでいて三人のダンスがキマッててよいよい。


ちつぷP

何もかもが柔らかい。線のタッチが、色の塗りが、世界観が、柔らかい。
それらから生み出されたモノはとてもかわいい。
最初のズームアウトと物語内で正に『Magic Music』である所が特に好きです。
こういう作品は百聞は一見にしかずですので見た方がよいよい。


P名なし(遠野かなた さん)

動画のタグにもあるように『発想の勝利』な動画でやられた!という感じなのですが、
CVの名前と前口上で「もしかして…」とためておいて
「やっぱりだーw」で落とすのはうまいなぁと思いました。未プレイの人にも面白さがわかるし。


かわづP

2009年下半期も様々なim@s架空戦記・ノベマスが始まり、終わりを迎えました。
その中でも安定して面白い動画を提供しながら無事完結した『千早創世録』を選出しました。
アイドルと武将達のバラバラだけれども絶妙な距離関係が保たれているのが良かったです。
色々と時代を先取りしてますが、テクノロジーはギリギリ戦国な点も面白かった(妖しいのもありますが…)。
この77話を選んだのは、年末年始で歌大会、挨拶などの恒例行事で「アイドル愛されてんなぁ」を確認出来る
上に正真正銘の紳士がカッコよかったりしてこれを見るだけで動画の雰囲気がわかると思ったからです。
ケッシテ謎の女トカニ共感シタトカ一緒ニ混ザリタイトカデハナイデスヨ?
全話の中で個人的に好きなのは19話です。理由は…まあ言わなくてもいいか。見るべし。

サムネ一選(20選外です)

架空のチョップ兄弟P

サムネで「アイ…マス…?」な動画は多々ありますが、この動画はほぼサムネ通りのアイマス成分しかない所が
凄いです。この動画のさらに凄いところは動画を最後まで見たらしっかり
「まあアイマス動画…かな?」と思える点です。とりあえず面白いからおk。
サムネ通りのノリで押し切ってホイホイされた人をしっかりキャッチするためにサムネ一選に選びました。


20選まとめ
・忙しくてあまり動画を見れませんでしたが、その分あまり悩むことはなかったです(他の方の20選に期待)。
・広く見れなかったから他より劣っているというわけではありません。選考基準は同じなので。
・ギャグ(寄り)動画が半分。同じネタで選ぶことはないので動画が多様化してるのでは?といえるカモ。
・2010年もツボに来る動画がいっぱい来ますように(自分で作れれば良いのですが、見て楽しいツボと
 作って楽しいツボは微妙にずれてるために、なるべく両方楽しいように妥協しながら作るためにズバッと
 来るのが出来ないのです。ていうか誰にするでもない言い訳長いなおい)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ただいま絶賛御礼行脚中の赤ペンと申します。
お選び頂きありがとうございました。

想像の余地があるというか、作ってる私自身が
「どんなことがあった(ある)んだろう」ってスタンスで
細かい事は描かずに作っちゃいましたからね。
凝るのは別のところで宜しかろうと。そういう距離感が
上手くはまった作品かな、と思っています。

では今後ともどうぞよろしくお願いします!
プロフィール

t@koP

Author:t@koP
アイマスをやったりすることもないこともない

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。